読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピードムドム by完全にノンフィクション 小野恭介

完全にノンフィクションというバンドのドラムスでございます。バンドのことをより楽しんでもらえればハッピーです。ドムドム。

レコ発終えて

  こんちは。完ドラの小野です。3rd minialbum『※この音源は完全にノンフィクションです。3』のレコ発GIGが無事に終了しました。大阪東京、お世話になったスタッフさん、空きっ腹に酒の皆さん、QOOLANDの皆さん、そしてご来場下さったお客さん、すべてに感謝しております。大変ありがとうございました!

f:id:onokyosuke:20151110153716j:image
f:id:onokyosuke:20151110153432j:image
f:id:onokyosuke:20151110153848j:image
f:id:onokyosuke:20151110154126j:image

  大阪編だけですが写真を頂いたので貼ります。

f:id:onokyosuke:20151110154953j:image
f:id:onokyosuke:20151110155015j:image
f:id:onokyosuke:20151110155124j:image
f:id:onokyosuke:20151110155157j:image
f:id:onokyosuke:20151111003316j:image
  激しい写真。頼んでいたわけではないのにガッツリ撮影してくれた友人にも感謝。  f:id:onokyosuke:20151111035455j:image
  感謝が止まらない小野。ドムドム


  ライブが終わって楽屋に戻ると僕は立っていられなくてペタリと座り込んでしまい、そしてあることを思い出した。
  何年か前、僕等が今よりずっと色んな意味で若かった頃、大阪にあるバンドがいた。僕は当時やっていたバンドで完全にノンフィクションの前身バンドのイベントに呼んでもらってその人達と共演させてもらったり、何度もライブを観にいっていた。その人達のバンドは曲数が少なくて大体同じ六曲くらいのレパートリーを毎回違う順番で30分演奏していた。MCはやらない。静と動やアップテンポでエモーショナルな曲や自然界をモチーフにしているような印象の壮大な曲もあり、かと思えば鋭利な物を突きつけられているような緊張感を持つビートの効いたロックもあった。そのライブは観ている人を固まらせた。フロアの後ろにいた他のバンドが目当てのお客さんも、しんとして、息を呑むようにステージを見つめる。そんな光景を何度も見た。
  僕はそのバンドのすべてが美しいと思っていたから当然だと思った。楽曲も音色も演奏の精度もステージ上にいるメンバーの真摯な姿も。セットリストをどう組んでも30分後のラストナンバーは鳥肌が立つほどの美しさで感動しすぎて毎回軽く放心状態になるのだから、当然だと思った。
  その人達はライブが終わると決まってみんな楽屋ないし裏口から路上へ出て地べたにへたり込んでいた。表情は至って爽やかな笑顔だったが、ぶっ倒れる、という表現でも差し支えない。僕はその姿を見ていて、相当集中力を保っていたからだろう、と推測した。自分がみじめに思うくらいそれはかっこよくて、羨ましくて、だけど、僕はバンドをやっていながら、自分には関係のないことだ、としていた。整理されていない気持ちの中ではきっと悔しかったからだと思う。それ以後いくつかのバンド、ソロ、歌ってみても楽器を変えてみても、どれだけ体力的にシビアなライブでも、緊張感を持ちながらのライブでも、終演後にその人達のようにはならなかった。なので人種が違う、見ていること、見えているものが違う人達、とした。詳しい理由は知らないけれどそのバンドは解散してしまった。
  しかし僕は何年経ってもいつも思い出してばかりいる。今思えば相当好きだったんだな。かと言ってそのような芸風のバンドをやったりやりたいと思ったりはしなかったけれど。この度僕は楽屋の地べたにペタリと座り込んで、しょっちゅう思い出していた路上へ倒れ込むその人達の姿を思い出し、ああ、こんな形で思い出せるなんて、と、こころが小さく波立った。そしてそのバンドにも例によってドムドムと感謝したのだった。




f:id:onokyosuke:20151111035455j:image
  感謝が止まらない小野。



  原因は詳しくわかりませんが、音に集中することと演奏中に演奏に関することに考えを集中させてもいるのでそれらの作用によるものと思われます。今回大阪も東京も1時間のロングセットリストでしたが、体力的にどうこうの疲れ方とは異質の疲労感があって、立っていられなくなる何かはどうやらその中にあることがわかりました。

  それが何なのかなんて別になんでもいい。
  僕には上記の事情があるものですから、それが心地よい、というだけなのです。病みつきになるかもですね。バンドをやっていて本当に良かった。また味わいたい。


  今回は冒頭の言葉と写真で誤魔化してるけど、極めて個人的な話でしたね。こんなのでも積み重なれば完全にノンフィクションがより楽しくなるきっかけになるかもなんでちょくちょく自分の話もすることにします。気ままですがよろしくお願いします。


  ドラム  小野

『※この音源は完全にノンフィクションです。3』レコ発

  こんにちは完ノンドラムです。今現在レコ発を控えている身です。

  場所は福島2nd LINE。絶賛取り置き受付中です。完全にノンフィクションのやることは今回も来てくださった方々に向けて最高のパフォーマンスをお届けすることです!

  ……いや、違う、そんな当たり前の響きのする大義名分はバンドごとによって「最高のパフォーマンス」の定義も異なってくるから、ふわっとしたあやふやな表現にしかならずブログの無駄遣いになりますね。

  なので我々にとっての最高のパフォーマンスが何なのかをちょっとだけ話してみます。※あくまでやってる側が思っていることですから必ずしもそうでなければ最高じゃないと言うものではもちろんありません。

  まず一つに、完全にノンフィクションというバンドの世界観に入ってもらうことを我々は望んでいます。そしてそうなれるようなグルーヴが出るように演奏を心掛けています。それが根幹というか、それを出すために個々人で練習してスタジオでライブのリハーサルをやっている(三人とも多分)。完全にノンフィクションの打ち出したい良さは、曲力と世界観、なんだと思います。それを再現するための演奏、ということですね。ここで言う曲力というのはキャッチーさとか歌詞もグルーヴも含めた楽曲の総合的な印象深さのことで、世界観というのは楽曲やサウンドが醸し出す心情や情景やムードです。それらを鳴らす音で作り上げる、空間に現出させるということが最高のパフォーマンスの定義の一つとしてあります。※あくまでやってる側が思っていることですから必ずしもそうでなければ最高じゃないと言うものではもちろんありません。2
  完全にノンフィクションの楽曲はアップテンポで激しいものが多いのですが激しさをそのままエモーショナルに体現しようとしてしまうのは曲力や世界観を台無しにしてしまう恐れがある。というのも各楽器のアンサンブルが世界観を支えているからでして、ロックンロール調に各々がヨロシクベイベーしてしまうとそれは完ノンの音(前回のブログ参照)に成らないというはっきりした理由があり、どちらかというと暴れるよりは粛々と演奏し続けるイメージでやるのが良い。激しさという要素にしてもそうした方が最終的にパッケージングできるという確信をここ数ヶ月で得ました。

  ただ見せ物として熱のあるステージにしたい、とは思います。それは見せかけのアクションや予定調和の一体感のことではなくてライブ中のどこかでそこに居合わせたその人の内側が個人的に、あくまで個人的な動機でグッと熱くなる瞬間が訪れれば、という願望です。これはまぁわたくし小野が一人で昔から思っていることですが、完全にノンフィクションの楽曲はそういう構造を持っていると解釈しているので願望もひとしおです。完ノンの世界に歌われる誰かの何かが自分の中の思い出とか心情とかとリンクするともなくリンクする。歌詞についての解釈は別の機会にじっくりしてみたいと思いますが、瞬間的にとてつもなくリアリティーを感じます。そういったところで完ノンを好きになってくれた人なら別所くんの歌詞のもつ不思議な魅力について語り合うのも楽しそうですね。



  ところで完ノンのライブにもコール&レスポンスが存在します。


“知らん町  知らん道  知らん坂  抜けて”


  2005年感覚という曲の歌詞の一部です。

  良かったらライブでレスポンスしてみてください。別所くんは多分、予定調和の一体感がしたかったんじゃなくて、みんなとタイムリープがしたかったんだと思います。あなたにとっての2005年は西暦何年ですか?

  強く思うのは、本当にみんな、それぞれ完全にノンフィクションを楽しんでくれ! ということです。揺れて聴くも良し、踊るも良し、一緒に歌うも良し、こころの中で歌うも良し、音に集中するも良し、考えごとしながら聴くも良し、別所くんのセクシーな指先に見惚れるも良し、上野くんの画になる姿を目で追うも良し。もし、完全にノンフィクションがあなたにとって個人的に熱くなれるライブをできたとしたらとてもハッピーだ、と僕は思っていて、そんなモチベーションでレコ発に臨む所存です。ドムドム


f:id:onokyosuke:20151024031614j:imagef:id:onokyosuke:20151024031638j:image

  さぁ今日は大阪。これを読んでくれて且つ今日完ノン行ってやろうという人、上記の最高のパフォーマンスをお届けします!コメカンスリーこと3rd mini album『※あくまでやってる側が思っていることですから必ずしもそうでなければ最高じゃないと言うものではもちろんありません。3』をよろしくお願いします! ふはははは!


  ドラム  小野恭介

完ノンの音

  こんにちは。完全にノンフィクションドラムです。
  別所くんが各曲解説をして弾いてみた動画をアップしてるのでそれに連動、というか便乗して、今回は「※この音源は完全にノンフィクションです。3」についてドラム目線で書こうと思ったのですが、それをする前にプロローグのようなものが必要だと思ったのでそれをやります。確認事項ですね。これを挟まないと何を喋ってるのかあまり伝わらない気がします(笑)


  まず、完全にノンフィクションは[ギターロックバンド]という括りに入れられてるのをよく目にしますが皆さんもそうなのでしょうか?  合ってますか?  僕も敢えて分類するならそうなのかな、という感じです。しかしジャンル分けとか自分でしてもしょうがない。なので皆さんそれぞれ納得のいく形で認識してほしい。きっとそれがいちばんいい。
  当人達としては概ね、[ギターロック]という方向性ではなく、[完全にノンフィクション]という固有のジャンルとして捉えているというか、[完ノンの音]と呼んでいるものがありまして、サウンドの作り方にしても演奏のグルーヴにしてもその[完ノンの音]になっているかどうか(平たく言うと完ノン的にアリかナシか、ということになるんですかね、)で良し悪しの判断をします。基準点でもあるし道しるべでもある、ということですね。これは歴が長いバンドだからなのか、別所くんのなかでビジョンが初めからクッキリしてたからなのか、僕が入った時にはもう存在していた概念なのでよくわかりません。ただ、個人的にはすごく助かっています。


  別所くん上野くんは高校の友達なので結成当初からずっとライブを観てきましたが、メンバーになってみると外側から見ているのとは違うことが少なからずあって、文字通り外音(フロアのスピーカーから聞こえてる音)と中音(ステージ上に鳴ってるアンプからの音とドラムの生音)は結構違うし、ビートの聴こえ方も緊張感の中にいると違うことも割とあるし、元々持っていた僕自身のクセが曲によってはそぐわなかったりもあってなかなか苦労します。そんな時、[完ノンの音]という概念が役立つのです。
  完ノンのドラムを単純な言葉で言おうとすると、一定のテンポを守りながらやや前ノリで叩き続ける、というものがほとんどですが、キックやスネアはボトムが効いていないとフレーズがループする時グルーヴしないのでそこは絶対にはずせないポイントになってきます。ボトムを効かせる、それは基本に忠実な演奏ができないとなかなか難しいものでして、僕はこのようなバンドをやったことがなく、大抵は威勢の良い演奏がハマるバンドでした。主にエイトビート、たまに変則的なフレーズやいわゆる縦ノリの曲をやったりしていて、四つ打ちとかはあまりやったことがなかったです。なので基礎が弱い上に不慣れなフレーズが多かったので大変です。そんな時、[完ノンの音]をイメージします。それだけで何をどう練習したらそれを再現できるかがわかるのです。だから今、あまり悩まず練習できていて、毎日がすごいスピードで過ぎています。言い換えればレコ発の日が物凄いスピードで近付いてきている。やべー。

  というわけですごく便利な[完ノンの音]という概念。そういう道しるべ的なものは一般的に外側にあるものだという印象があります。マニュアルがあったり指導者がいたり憧れのヒーローや神様だったり。完全にノンフィクションはそれを完全にセルフでやっている。セルフプロデュースしている。インデペンデント。セルフサービス。だから面白い。そしてそのことが作品やライブを通して滲み出ればいい、と僕達は思っています。こうやってブログを書くのは結局それが言いたいからですね。このインデペンデントサウンドをライブで体感してほしい。(そもそも各曲解説をドラム目線でやった最後にこう結ぶつもりであった☆)

  僕達が呼んでる[完ノンの音]というのはバンド結成から10年近くかけて別所くんと上野くんと前ドラマー俊宏が作って築いて削ぎ落として研ぎ澄まして磨き上げたグルーヴの作法、ということでもある。しかしそれは視野を広げればもっと大きな流れ、文化の土壌に芽吹いた珍しい何かのような予感がある。と真面目に思う。いかん、また真面目が出てきた。 
  これはもう本当に、耳で聴いて身体で感じて頂くしかないのでこの真面目くさったブログを最後まで読んじゃったひとは全員ライブに来てほしいですね。実は、あなたのことをライブに誘っていたのだ!気付かなかっただろう!ふははっ。最後まで読んでくれてありがとうと言う代わりにそれをお見せします。そしてその後まじにありがとうを言いたいです。真面目に。


「※この音源は完全にノンフィクションです。3 」release GIG
10/24(土)福島2nd LINE「府内某所2015」w/空きっ腹に酒
11/8(日)新宿MARZ「都内某所2015」w/QOOLAND 


  というわけで、お待ちしているのでよろしくお願いします!やっぱり言おう、

最後まで読んでくれて、ありがとうな!

  確認事項という皮をかぶったライブのお誘いでしたが、またブログ書きます。よかったら読んでください。
f:id:onokyosuke:20151010022455j:imagef:id:onokyosuke:20151010022509j:image

                                           ドラム  小野恭介

アウトストアイベント

  みなさんこんにちは。完全にノンフィクションドラムの小野です。先日のアウトストアイベント、下北SHELTERでのライブ映像をチェックしました。

f:id:onokyosuke:20150928163846j:image

  僕が完ノンのライブに出るようになって一年くらい。数えてみたら非公式・インストアも含めて13回目のライブでした。個人的にはここ2回でようやく完全にノンフィクションの音を出せた、と思います。
  それは芸術性とかグルーヴの話でもそうなのですが、その話は別の機会にたっぷりしようと思います。

  この日一番僕等がやらなければならなかったことは、CDを買ってくれたお客さんをご招待して感謝の意を込めてガッツリ生演奏を楽しんでもらう、ということでした。来てくれたお客さんは数字で言うと少なかったので逆に気を遣わせることにならないように。

  環境に左右されずに突き抜けたパフォーマンスができるか、これはライブをする人なら誰もが意識しているところだと思います。完全にノンフィクションも完全にそう。その実現こそがガラすきのフロアにいたお客さん一人一人への礼儀であるのは言うまでもなく、数字的なこととか先々の展望とか、そういうバンドが抱えてる都合はお客さんにはカンケーない。だから僕等もそんなことを考えてる暇はない。そんなテンションで臨んだんですが、これがものすごく空間に合致した。

  真剣勝負、勝負じゃないですけど、そんな感じですね。
  演者とお客さんがそれぞれの都合で盛り上がるのではなく、呼応する、心が通じ合う瞬間がわかる。目で見るのではなく、肌で感じる。こうやって書いてみても言葉であの感じを伝えれる気がまったくしない。それがいいライブなのだと思いました。SHELTERに来てくださった方々、並びに大阪のインストアに来てくださった方々、気付かせてくれてありがとうございました。ハッピーです。ドムドム

  次回のライブはレコ発大阪!そして東京!


「※この音源は完全にノンフィクションです。3 」release GIG
10/24(土)福島2nd LINE
「府内某所2015」
11/8(日)新宿MARZ
「都内某所2015」

10/3、「府内某所2015」ゲスト発表!!


  ライブはナマモノですので是非現場で一緒にあの感じを作りたいですね。僕等は完ノンの音をさらに磨き上げて臨むのでよろしくお願いします!
  ドラム  小野

  

完全にノンフィクション ドラム、ブログ始めました。

  こんにちは。完全にノンフィクションのドラムとして正式加入した小野恭介と申します。より完全にノンフィクションを楽しんで頂けたらという思いからブログを書くことにしました。よろしくお願いします。

f:id:onokyosuke:20150923020212j:image
  こいつはマイレフトハンド。スネアをぶったたく重要なバーツです。この写真は先日人生初のレコ屋挨拶まわりをして、その一つ目のお店、タワーレコードあべのHoop店さんにてコメントカードを書かせて頂いた際にサインペンをキャップに戻し損ねてホクロみたいな点を作ってしまったよ!という、新人感丸出しの一枚です。今回は熱の冷めないうちに挨拶まわりで感じたことを書こうと思います。

  挨拶まわり、一見華やかなイメージがあったけれど、実際経験してみると作品をリリースする重み、ケジメや責任、といったことをひしひしと感じ、浮かれてるひまはありませんでした。

f:id:onokyosuke:20150924002530j:imagef:id:onokyosuke:20150924002719j:imagef:id:onokyosuke:20150924002811j:image


  浮かれてるようにしか見えない。でも本当です。



f:id:onokyosuke:20150924002556j:image
  これはちょっと浮かれています。16店舗まわらせていただいたなかで一番派手でした。嵐の新譜と同じくらい、ちょっとやり過ぎでは?と思うほどの展開サイズ、、。


  こういった展開は店舗によってまったく異なります。それは店舗ごとにいらっしゃるバイヤーさんの個性が反映されているからです。
  なぜだかみんな、音楽が好き。
  だからただのお仕事では終わらない何かが店内の至る所に熱として感じられる。そう思うのは僕だけではないハズ。
  完全にノンフィクションのメンバーとして、この度の行動を通じて個人的に重大と感じたのは、取り扱って頂いている店舗への挨拶という儀礼的な側面だけでなく、忙しいなかお時間を割いて頂いてのやりとりの間でもやはり見え隠れするバイヤーさんのパーソナリティー。そこにはライブに来てくれるお客様と交流する時となんら変わらない一個人としてのパッションがある、ということでした。


  人は能動的に音楽を聴く時には裸になってるというか、仕事とか肩書きとか関係なく個人の楽しみ方で聴く。僕は完全にノンフィクションのメンバーとして作品を取り扱って頂いているお店へ挨拶しにいったわけですが、そうでない時にはタワーレコードさんにもHMVさんにもヴィレッジヴァンガードさんにも客として行きます。そこにいるバイヤーさんにとってその時僕はCDを買いにきた客になるが、退勤した後、道ですれ違ってもあかの他人だから認識しないし、その後立ち寄ったライブハウスにたまたま僕がいて共通の知人でもいればそこで初めて顔見知りになるだろうし、相性が合えば友達になるかもしれないけれど、自分が何者であるかはその都度変わるものだといつも思う。
  だから、だからこそ、今回挨拶に伺って、お互い「仕事」として接する機会に垣間見れる各店舗の方々のパーソナリティーに貴重なものを感じ、有り難く思ったのでした。

  今回「※この音源は完全にノンフィクションです3」にお仕事として関わって頂いたすべての人に感謝しています。我々が未知の存在であっても貴重なお時間を割いて聴いて頂き、記事やディスプレイを作ってくださった。本当にありがとうございます!
  自身としては初めてのCDリリースにそういった大きな熱エネルギーの運動を感じて、「感謝する」という状態に落ち着いたのでした。


  というわけで、今回は初回ということでまじめくさった内容でしたが、これから色んなことをここに書いていこうと思いますので、気が向いたら読んでみてください。根がまじめなのでまじめくさらないようにバランスよく記録していきたいと思います。
  そして今後とも完全にノンフィクションを末永くよろしくお願いいたします!


  ドラム  小野恭介