読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピードムドム by完全にノンフィクション 小野恭介

完全にノンフィクションというバンドのドラムスでございます。バンドのことをより楽しんでもらえればハッピーです。ドムドム。

完ノンの音

  こんにちは。完全にノンフィクションドラムです。
  別所くんが各曲解説をして弾いてみた動画をアップしてるのでそれに連動、というか便乗して、今回は「※この音源は完全にノンフィクションです。3」についてドラム目線で書こうと思ったのですが、それをする前にプロローグのようなものが必要だと思ったのでそれをやります。確認事項ですね。これを挟まないと何を喋ってるのかあまり伝わらない気がします(笑)


  まず、完全にノンフィクションは[ギターロックバンド]という括りに入れられてるのをよく目にしますが皆さんもそうなのでしょうか?  合ってますか?  僕も敢えて分類するならそうなのかな、という感じです。しかしジャンル分けとか自分でしてもしょうがない。なので皆さんそれぞれ納得のいく形で認識してほしい。きっとそれがいちばんいい。
  当人達としては概ね、[ギターロック]という方向性ではなく、[完全にノンフィクション]という固有のジャンルとして捉えているというか、[完ノンの音]と呼んでいるものがありまして、サウンドの作り方にしても演奏のグルーヴにしてもその[完ノンの音]になっているかどうか(平たく言うと完ノン的にアリかナシか、ということになるんですかね、)で良し悪しの判断をします。基準点でもあるし道しるべでもある、ということですね。これは歴が長いバンドだからなのか、別所くんのなかでビジョンが初めからクッキリしてたからなのか、僕が入った時にはもう存在していた概念なのでよくわかりません。ただ、個人的にはすごく助かっています。


  別所くん上野くんは高校の友達なので結成当初からずっとライブを観てきましたが、メンバーになってみると外側から見ているのとは違うことが少なからずあって、文字通り外音(フロアのスピーカーから聞こえてる音)と中音(ステージ上に鳴ってるアンプからの音とドラムの生音)は結構違うし、ビートの聴こえ方も緊張感の中にいると違うことも割とあるし、元々持っていた僕自身のクセが曲によってはそぐわなかったりもあってなかなか苦労します。そんな時、[完ノンの音]という概念が役立つのです。
  完ノンのドラムを単純な言葉で言おうとすると、一定のテンポを守りながらやや前ノリで叩き続ける、というものがほとんどですが、キックやスネアはボトムが効いていないとフレーズがループする時グルーヴしないのでそこは絶対にはずせないポイントになってきます。ボトムを効かせる、それは基本に忠実な演奏ができないとなかなか難しいものでして、僕はこのようなバンドをやったことがなく、大抵は威勢の良い演奏がハマるバンドでした。主にエイトビート、たまに変則的なフレーズやいわゆる縦ノリの曲をやったりしていて、四つ打ちとかはあまりやったことがなかったです。なので基礎が弱い上に不慣れなフレーズが多かったので大変です。そんな時、[完ノンの音]をイメージします。それだけで何をどう練習したらそれを再現できるかがわかるのです。だから今、あまり悩まず練習できていて、毎日がすごいスピードで過ぎています。言い換えればレコ発の日が物凄いスピードで近付いてきている。やべー。

  というわけですごく便利な[完ノンの音]という概念。そういう道しるべ的なものは一般的に外側にあるものだという印象があります。マニュアルがあったり指導者がいたり憧れのヒーローや神様だったり。完全にノンフィクションはそれを完全にセルフでやっている。セルフプロデュースしている。インデペンデント。セルフサービス。だから面白い。そしてそのことが作品やライブを通して滲み出ればいい、と僕達は思っています。こうやってブログを書くのは結局それが言いたいからですね。このインデペンデントサウンドをライブで体感してほしい。(そもそも各曲解説をドラム目線でやった最後にこう結ぶつもりであった☆)

  僕達が呼んでる[完ノンの音]というのはバンド結成から10年近くかけて別所くんと上野くんと前ドラマー俊宏が作って築いて削ぎ落として研ぎ澄まして磨き上げたグルーヴの作法、ということでもある。しかしそれは視野を広げればもっと大きな流れ、文化の土壌に芽吹いた珍しい何かのような予感がある。と真面目に思う。いかん、また真面目が出てきた。 
  これはもう本当に、耳で聴いて身体で感じて頂くしかないのでこの真面目くさったブログを最後まで読んじゃったひとは全員ライブに来てほしいですね。実は、あなたのことをライブに誘っていたのだ!気付かなかっただろう!ふははっ。最後まで読んでくれてありがとうと言う代わりにそれをお見せします。そしてその後まじにありがとうを言いたいです。真面目に。


「※この音源は完全にノンフィクションです。3 」release GIG
10/24(土)福島2nd LINE「府内某所2015」w/空きっ腹に酒
11/8(日)新宿MARZ「都内某所2015」w/QOOLAND 


  というわけで、お待ちしているのでよろしくお願いします!やっぱり言おう、

最後まで読んでくれて、ありがとうな!

  確認事項という皮をかぶったライブのお誘いでしたが、またブログ書きます。よかったら読んでください。
f:id:onokyosuke:20151010022455j:imagef:id:onokyosuke:20151010022509j:image

                                           ドラム  小野恭介